CDマスタリング

コンパクトディスクが1982年に市場に登場して、既に30数年経ちました。44.1kHz・16bit・2chという枠の中に、数々のアーティストやエンジニア、マスタリングエンジニア達が、収まりきれない表現を詰め込むこと情熱を燃やしてきました。マスタリングと呼ばれる技術もまた、1948年に登場したLPから、媒体がコンパクトディスク、そしてデジタルリリースに比重を移しても、着実に進歩しています。 エンジニア小泉由香の持つたくさんの引き出しの中から、あなたの求める音がきっと見つかることでしょう。

配信用マスタリング

デジタルリリースを考えている方にもマスタリングを。圧縮変換で本来の姿は失われても、マスタリングでその元の姿を可能な限り再現すべく逆算しながら音作りをします。YouTubeやニコニコ動画などの動画共有サイトの音声部分のマスタリングも、他の人と差がつきます。また、オレンジはMastered for iTunes認定スタジオでもあります。独自のノウハウが詰まった Mastered for iTunes 用のイコライジングも完成し、専用マスターをお作りする準備も整っています。



映像用マスタリング

DVDなどを見ていて「あれ?このライブDVD、同じ収録のライブCDと違って、音に迫力がないなあ」なんて思ったことはありませんか?
オレンジではDVDやBlu-rayなど映像作品の音声部分のマスタリングも行います。視覚のみならず、聴覚も喜ぶ音作りのお手伝いを致します。

ハイレゾマスタリング

圧縮変換の配信ではなく、本来のハイビット・ハイサンプリングで音楽を届けたい方にももちろん対応します。レコーディング時の熱量を余すことなく、ユーザーにダイレクトにお届けします。CDとともに、これからの音楽伝達のひとつの完成形です。



© 2014 Orange Co.,Ltd. All Rights Reserved.